2017.08.25

CAI02で触れる現代アートの世界|札幌住みがゆるく見てまわる!札幌国際芸術祭2017の感想(3)

posts_photo
札幌のアートシーンで活動する人や学生たちにはお馴染みのギャラリーであるCAI02。
地下鉄大通公園駅の1番出口に繋がる地下飲食店街、その隅にある階段からさらに地下へ降りるというちょっとわかりづらい場所にあります。

今回の芸術祭ではDOMMUNEのサテライトスタジオを筆頭に現代アートの一端に触れることができます。

いざCAI02へ

僕はお昼に訪問したのでサテライトスタジオは見ていないのですが、『札幌ループライン』とさわひらきさんの作品上映を見ることが出来ました。

さわひらきさんの作品は初めて見ましたが、あれは音響とセットとなったときの異空間な感じが面白かったです。
訪れる方はぜひ映像を眺めるだけじゃなくてヘッドホンをつけて音ありで見てみてください。

posts_photo
札幌ループラインは今年の雪まつりの際に催された『トット商店街』の時に作られた作品。
技術協力としてクワクボリョウタさんが参加している光と影の作品で、懐かしい札幌の面影がリアルタイムで投影されていきます。
こちら雪まつりの時にも見たんですが、あの時は雪像がメインかつ極寒であまりじっくりと見られず…。今回じっくり見ると新しい発見がたくさんあって楽しかったです。
すすきののニッカの看板がカラーになってたりとか。
(余談ですが、すすきのの象徴的なニッカとキリンの看板、シンボルとしての露出を考えて計算したらものすごい広告効果がありそう)

CAI02にはカフェも併設してあるので、まちなかを歩き疲れた際の休憩所としてもおすすめです。
(僕が行った時はかき氷(?)のために行列が出来てましたが…)

札幌国際芸術祭2017 感想一覧

動物園に展示された光と影のパレード|札幌国際芸術祭2017の感想(11)
北海道は雪と共に。|札幌国際芸術祭2017の感想(10)
宇宙に繋がれ!彫刻公園モエレ沼|札幌国際芸術祭2017の感想(9)
今振り返る!札幌デザイン開拓史|札幌国際芸術祭2017の感想(8)
芸術の森で共鳴する音音音!|札幌国際芸術祭2017の感想(7)
元りんご倉庫に流れる水と光の静かな時間|札幌国際芸術祭2017の感想(6)
すすきのに現れた別世界への扉|札幌国際芸術祭2017の感想(5)
モバイルアースオーブンで玉ねぎを焼いてみた|札幌国際芸術祭2017の感想(4)
CAI02で触れる現代アートの世界|札幌国際芸術祭2017の感想(3)
踊らにゃ損損!大通公園に轟くDJ盆踊り|札幌国際芸術祭2017の感想(2)
札幌市資料館へようこそ!|札幌国際芸術祭2017の感想(1)


ニコダマ


記事のタグ一覧:,

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー内のおすすめ記事