2017.09.02

元りんご倉庫に流れる水と光の静かな時間|札幌住みがゆるく見てまわる!札幌国際芸術祭2017の感想(6)

posts_photo
札幌の中心部からちょっと離れた住宅街の中に、ひっそりと佇んでいる展示があります。
こちら夕方から夜にかけての限定公開。中心部から軟石で作られたもとりんご蔵、そこに梅田哲也さんの新作インスタレーションが展示されていました。

声を出すのがためらわれる

posts_photo
外からパッと見では倉庫の印象を受けない建物ですが、中に入ると昔ながらの蔵のつくりを見ることが出来ます。
お盆を過ぎた夕方の札幌は涼しくて快適な気候なのですが、蔵の中はちょっと湿っぽい空気。というのもインスタレーションに水を使っているからでしょうか。

高い屋根から滴る水滴の作る波紋が、灯りを揺らします。
床下倉庫にも水と灯りが設置されており蔵の中は幻想的な雰囲気に満ちています。僕の他に2,3人くらい見学者がいましたが誰も喋らず静かに灯りを見つめていました。

あ、ちなみに僕が訪れた時はたまたま装置が不調でなかなか水滴が落ちずに、スタッフさんが脚立に登って修理していました。
普段の作品展示中より照明を明るくしており、それはそれで蔵の中が見渡せてちょっと楽しかったです。

修理を待つ間に周囲を散歩してみたら、ご神木が二本ある神社を見つけたりもしました。知らない街をふらふら歩くのも楽しいですよね(不審者に見られないように気をつけなきゃですが…世知辛い世の中です)

札幌国際芸術祭2017 感想一覧

動物園に展示された光と影のパレード|札幌国際芸術祭2017の感想(11)
北海道は雪と共に。|札幌国際芸術祭2017の感想(10)
宇宙に繋がれ!彫刻公園モエレ沼|札幌国際芸術祭2017の感想(9)
今振り返る!札幌デザイン開拓史|札幌国際芸術祭2017の感想(8)
芸術の森で共鳴する音音音!|札幌国際芸術祭2017の感想(7)
元りんご倉庫に流れる水と光の静かな時間|札幌国際芸術祭2017の感想(6)
すすきのに現れた別世界への扉|札幌国際芸術祭2017の感想(5)
モバイルアースオーブンで玉ねぎを焼いてみた|札幌国際芸術祭2017の感想(4)
CAI02で触れる現代アートの世界|札幌国際芸術祭2017の感想(3)
踊らにゃ損損!大通公園に轟くDJ盆踊り|札幌国際芸術祭2017の感想(2)
札幌市資料館へようこそ!|札幌国際芸術祭2017の感想(1)


【余市 りんご】北海道 余市産 秋りんご【昂林 こうりん】5kg 18玉前後【最高級 秀品 マッサン】★どさんこファクトリー北海道PB箱、メーカー包装、航空便翌日着


記事のタグ一覧:,

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー内のおすすめ記事