2014.05.27

3月に小笠原諸島へ旅行してきました!【乳房山と小富士 etc…】


今回は小笠原での陸のレジャー、登山やハイキングについて書いてみようと思います。
僕はあまりマリンレジャーに明るくなかったので、滞在中はもっぱら登山やハイキングなどの島歩きをしながら過ごしました。特に乳房山と小富士が思い出深いので、そこら辺を中心に書いていきます。

目次

・村からすぐ行ける!小笠原最高峰「乳房山」
・日本で一番早い日の出が見られる「小富士」
・その他訪れた海岸や名所

村からすぐ行ける!小笠原最高峰「乳房山」

乳房山(ちぶさやま)は母島にありますが、小笠原の有人島の中で最高峰の山。(ただ、無人島も含めると最高峰は南硫黄島になるらしい)

母島の元地集落から登山道があり、だいたい4時間ほどで一周出来るとのこと。
民家からも近いし大丈夫だろと思ってちょっとした散歩のつもりで軽装で行きましたが、これが思いのほかしっかりと登山になってしまい、かなり冒険気分を味わいました。
※とりあえず脱水症状は怖いので飲み物は必ず持っていきましょう!

登山道は見たらわかりますが、いわゆる柵などはないです。踏みしめられて出来た道を行きます。僕はひとりで歩いていたので道が合っているか結構不安になりましたが、基本的に道には迷わないと思います。
途中で第二次世界大戦の塹壕跡などが見られますよ。

こちら最初の休憩所。集落と島々の連なりを一望できます。
ただ僕が行ったときは雲が出てきてしまい、あまり綺麗に見えなかったのが残念でした。地元の方によると、乳房山の山頂付近は雲が出ることも多いそうなのでカッパや雨具があった方が安心かもしれません。

山頂へ行くまでには、急斜面(崖?)に取り付けられた足場を渡るところもあります。
下記の写真左側はすぐ崖なので結構なスリルを味わえます。ここはくれぐれも慎重に歩いてください。ひとりでこういうところを渡るのはホント心細かった…。

山頂はスペースがほとんどなく、小さな展望台があるだけです。
そのかわり景色は最高!…と言いたいところですが僕が登った時は、写真のように雲のせいで全然景色は見えませんでした!(涙)
そして、ひとりで原生林の山頂にいるとき雨雲に囲まれるとか結構焦る…。なので山頂は早々に通過して出口を目指しました。

山頂を越えて下りになると、道のりも大分ゆるやかに。前半の上り坂で、結構足がぷるぷるしていたので慎重に降りていきました。途中短いはしごなんかもありましたねー。帰り道では他の登山者とも交流できて、前半よりもほのぼのした気持ちで進むことができました。

そんなこんなで、剣先山経由から遊歩道を周り4時間半で民宿に帰ってきました。
ひとりで歩くには心細い原生林だったけど、手頃な非日常感とスリルを味わえていい登山でした!

日本で一番早い日の出が見られる「小富士」

小笠原 母島の南崎にある小富士は、日本で一番早く日の出が見られるスポットとして有名だそうです。こちらは乳房山ほど標高はないものの、山頂から見える景色の開放感は格別です。青い空と海、眼下には美しい海岸と原生林を一望できます。こちらは片道1時間ほどで山頂に着きますよ。

<入り口>
こちら小富士へ行くための遊歩道の入り口。大きな都道最南端の看板があります。県は沖縄だろうけど、府も入ってないのはなんでだろう?ここを下ったところに消毒マットがあり、森に入ります。

かなり大きな葉っぱをつけている亜熱帯の植物達。人間の手なんて比較になりません。
遊歩道は、前日に行った乳房山よりも鬱蒼とした印象はなく明るい森林でした。天気も快晴でとても気持ちよかったです。

小富士までの道のりは、ほとんど登山というよりはハイキング程度の起伏です。しかしラスト10分ほどだけかなりの急勾配の上り坂になります。写真のように階段になっていますが、それでも急な階段でインドア派な僕は息があがりました。最後にはハシゴもありました。

山頂の開放感は格別。はしごを登って木々の上から顔を出すと、そこには360度の絶景が広がっています。登って来てよかった!
そして小ネタですが、小富士山頂では携帯の電波が通じます。そこまでの道のりではずっと圏外なのに山頂では通じるという…。日本で一番早い日の出を見に来る人が結構居るからここだけ整備したのでしょうか。
ちなみに山頂展望台は下の写真のようになっています。

小富士に登った日は天気にも恵まれ、気持ちのいい登山ができました。こちらは小富士意外にも、南先やワイビーチなど寄り道できるところがあるのも楽しいところです。次の項目で、他に寄った場所をご紹介します。

その他の訪れた海岸や名所

乳房山や小富士のほかにも、素敵なところはまだまだあります!僕が寄ったところを簡単に紹介していきます。

ワイビーチ
小富士に行く途中の三叉路から行ける、白砂のビーチです。ワイビーチという名前はホワイトビーチがなまってついたんだとか。僕が行った時は結構波が激しくて海に入れる雰囲気じゃなかったですが、海がすごく綺麗でした。

南崎
こちらも小富士に行く途中の三叉路から行ける海岸です。小富士の直ぐ下にあり、山頂からでも湾内の海底が見えるほど水が透き通ってます。珊瑚が発達しておりシュノーケリングに最適だとか。暑い季節だったらぜひ潜ってみたかった場所です。

静沢の森 遊歩道
海岸線沿いの道路に隣接している遊歩道で、海軍施設の跡や砲台などがそのまま残存しています。朽ちた砲台は迫力があり、なんだかフィクションの世界に迷い込んだようでした。

清見が丘鍾乳洞
観光協会から歩いて5分ほどで行ける鍾乳洞。神社の隣にあって、戦時中にはお坊さんが倉庫として使っていたそうです。そのために鍾乳洞と聞いてイメージするような“つらら”は危険だからと全て砕かれてしまっているのが残念。

旧ヘリポート
村から歩いて15分ほどで行けるヘリポート跡地は、天体観測の名所です。360度開けた夜空には、晴れれば満点の星を見る事ができます。ただ本当に真っ暗なためひとりで歩いていくのは非常に怖い!懐中電灯を持ってみんなでわいわい行く事をお勧めします。

細かく上げればまだまだ場所はあるのですが、今回はこれくらいにしておきましょう。
訪れる際はマナーを守ったうえで、最大限に小笠原を満喫してきてください!

※旅行の準備や生き物との出会いについては下記記事よりどうぞ。
⇒ 3月に小笠原諸島へ旅行してきました!【準備や金額等まとめ】
⇒ 3月に小笠原諸島へ旅行してきました!【小笠原の生き物たち】

【ザックカバー】通勤・登山・ハイキング・トレッキング、雨の日の必需品!(黒・Sサイズ)
【ザックカバー】通勤・登山・ハイキング・トレッキング、雨の日の必需品!(黒・Sサイズ)
ー Amazon.co.jpで買う

レイメイ ズーム単眼鏡/顕微鏡 9倍~25倍 ハイキング,美術鑑賞などに RXM603
レイメイ ズーム単眼鏡/顕微鏡 9倍~25倍 ハイキング,美術鑑賞などに RXM603
ー Amazon.co.jpで買う


記事のタグ一覧:,

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー内のおすすめ記事