2013.08.31

読書感想:くちびるに歌を(中田永一)

くちびるに歌を

長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧問の松山先生は産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ、元神童で自称ニートの美しすぎる臨時教員・柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。
それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。夏のNコン(NHK全国学校音楽コンクール)県大会出場に向け、女子は、これまで通りの女子のみでのエントリーを強く望んだが、柏木先生は、男子との混声での出場を決めてしまう。
一方で、柏木先生は、Nコンの課題曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、十五年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課していた。提出は義務づけていなかったこともあり、彼らの書いた手紙には、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた–。
(amazonの内容紹介から引用させていただきました)

先生、歌を歌いたいです…!
そんな台詞は作中にはありませんが、行間から歌があふれだすような物語です。
長崎の五島列島を舞台にした中学生たちの群像劇。彼彼女らの瑞々しい青春が、五島の青い空を背景として爽やかに描かれています。

この小説は、登場人物がみんな優しい。もちろん優しいだけじゃなく人間らしい嫉妬や苛立ちもありますが、中学生らしい潔癖さと感受性が見ていて瑞々しい。自分が中学生だったころを思い出し、懐かしいような切ないようなそんな気持ちにさせてくれます。
あぁ、こういうことあるよね、わかるわかる、と。

作中の合唱部が大会で歌うことになるアンジェラアキさんの「手紙 拝啓 十五の君へ」にこんな一節があります。
“自分とは何でどこへ向かうべきか 問い続ければ見えて来る”
この歌詞のように彼彼女らは、それぞれ将来どこへ向かうべきか、どうしたいのか問い続けています。どうすれば良いか迷って焦って躓いて…、一見強く器用に見える子でも心の内では不器用にもんもんと悩んでいます。誰もが経験するような思春期の揺らぎを丁寧に描いていて、つい昔の自分と重ねてしまいます。
けどそうした中で、主人公のひとりである桑原サトルだけが淡々と、ぶれずに今をやり過ごしている様子がちょっとしたフックです。彼は自分でぼっちのプロと言うくらい、クラスでは存在感のない男子でコミュニケーションも苦手。だけどそんな事に腐るわけでもグレるわけでもなく淡々と日々を過ごしています。まるで今に興味がないかのように…。
クライマックス近くで、そんな彼の心のうちが十五年後の自分への手紙という形で吐露されているのですが、その想いに胸が苦しくなる。桑原君が純粋過ぎます。

登場人物の誰もが、合唱部を通してぐんぐん成長していく様子は、清々しく、成長が鈍化してしまった大人にはちょっぴり羨ましくもあります。彼彼女らのなんと眩しいことか!

そしてなんと言ってもこの作品の華は合唱の場面。
読んでいると、本当に誰かと一緒に歌うのは素敵だなって思えます。合唱はいくつかあるのですが、中でも大会とその後の合唱は胸が熱くなりました。
歌うことは想うこと。
聴く人に想いを届けようと必死に歌う姿に涙腺が崩壊しました。健気でひたむきな姿に弱いのは、僕が歳を取った証拠でしょうか。ということで、クライマックスは電車や外ではなく家で読むことをお勧めします…。

ついでにこの作品、博多弁が好きな人にもお勧めです(笑)博多弁、かわいいですよ。

あ、そうそう、中田永一さんといえばデビュー作の「百瀬、こっちを向いて。」もすごく良いです。

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)

この方の描く心の動きや文体は、ピュアなのにリアリティがあり、読む人の心にすっと入り込むかのようです。

少し長くなってしまいましたが「くちびるに歌を」

読み終わったあと、間違いなく爽やかな優しい気持ちになれる良い作品です。

くちびるに歌を
くちびるに歌を [Kindle版]


記事のタグ一覧:

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー内のおすすめ記事