2017.06.14

Arduino始めました(4) 傾きセンサーでLEDを制御する。

posts_photo

前回は光だったので今回は”傾き”です。
ほとんど基本的に光センサーと同じで、使うパーツが違うだけですがメモ代わりに残しておきます。

使った部品

今回使った部品は以下の通りです。
・Arduino UNO
・USBケーブル
・LED
・傾斜センサー
・Jumper Wires * 5
・10kΩ抵抗 * 2

プログラム

傾斜センサーの値をアナログ入力で受け取り、それを変数に格納してLED出力に適した数値に加工してアナログ出力することでLEDを光らせています。

int tilt=0; //入力される値を格納する為の変数
void setup() {
  Serial.begin(9800); //モニターに出力するための設定
}
//アナログ入出力はsetupで定義する必要がない。
void loop() {
  //傾斜センサーの値をアナログの3ピンから取得。
  tilt=analogRead(3);
  Serial.println(tilt/3); //入力された値をシリアルモニタに出力
  analogWrite(2,tilt/3); //アナログ出力で2ピンに

  delay(100);
}

ちなみにLEDに出力する前に、センサーからどれくらいの値が取れるかをモニタで確認して、数値の加工の仕方を決めています。

回路図

今回も練習としてブレッドボード図と回路図を作成です。


みんなのArduino入門:基本キット


記事のタグ一覧:,

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー内のおすすめ記事